舞台俳優の宣材撮影

プロフィール写真の出張撮影

 

あっちーなー。毎日。

でも、夏はいいね。
なぜ、こう思うのか。
俺が夏に生まれたからかな?
花火とか、スイカとか大好きだからかな?

ううん、あっちーからだね(笑)

先日、俳優さんの宣材写真出張撮影してきました。

湯川尚樹さんといって、舞台やテレビで活躍しているそうです。

最初は、おおっ!イケメンと思いましたが、本人はなんだか写真が苦手な様子。。。
ほよよ?
とばかりに、以前に撮影したプロフィール写真を拝見したら、あれれ。。。

だれ?変じゃね?暗くね?

本人いわく『ゲゲゲの鬼太郎』的な写真なの。

なんで?こんな爽やかな好青年なのに。しかも、俳優なのに。

まー。いいや。こういう出来の悪い写真のおかげで、俺に出番がまわってくるわけだ!

ありがたい。

さっさと、撮影を終わらせて煙草を吸いにいこう!
(俺はヘビースモーカー。だが、このスタジオは禁煙。)
ってな感じでスタート。

 

 

俳優の宣材撮影

 

そして、ハームタイム。

この撮影の直接のクライアントであるアクセサリーブランドの社長さんが、立派なカメラを持って俺を見ている。

俺が撮影した画像をPCで確認しながら、こんなことを言う。

『あの。。。なにが違うんですかね?他のプロカメラマンと。カメラですか?ライトですか?』社長。

『さー。カメラはなんでもいいと思いますけど』俺。

『なんか、こだわりみたいのってあるんですか?』社長。

『ねーッス!なんも』俺。

どうやら、この社長さん、すんごく写真の勉強をしたいらしい(泣)

勘弁してくれよー、早く煙草吸いたいんだからさー(音のない俺の声)

えっとー、写真は、カメラの重要度低いかもねー。

こんなこと言ってわかるわけねーか。カメラ大国JAPANのひとに。

人物撮影は、ある程度、被写体に依存するわけで。

俺らのイメージとか、おしつけちゃうとダメですよね。

カメラマンは、一旦、真っ白になってモデルを受け容れなきゃね。

相手が放つエネルギーにチューニングを合わせる。

相手の音が弱ければ、こっちから厳しいアプローチをする。

辻褄なんてどうでもいいわけ。

まるで自分がないように見えるけど、結局、どれも自分だから問題ない。

そういう、距離感って大事。

そこから、ブランドイメージにつなげなきゃね。

コンセプトさえしっかりしてればOK。

軸がブレなきゃOK。

こだわりって言うか、俺の流儀というか(笑)

仕事は、結果重視というか。

つーか、カメラに関係ねー話ばっかで、すみません。

あっ!昔、舞踏家の田中眠がこんなことを言ってた。

『カメラが消える。写真は人が撮る行為だということだ』

あ、よけいわからねーか(笑)

写真は、見る側と見られる側の関係でしかないないんですよね。

あ、もっとわからねーか(笑)

結局、カメラマンは能書きがいらねー、仕事です。はい。

好きに評価してください(笑)

もー、カンベンしてー!

という、すったもんだを経て、後半戦もようやく終了。

 

あー、楽しかった。

とにかく、とっても素敵な俳優さんでした。

湯川尚樹、カッコイイ。

さわやかさの中に、オトコっぽいところがあるんだよね。

好きだな、この男!!!

あつい!

保存

保存

保存

保存